LOG IN

巡礼の旅とエスプレッソ

by 保科由貴

もう秋なんて来ないんじゃないかと思っていたら、爽やかな風を携えて、唐突に季節が変わりました。心地良さに胸を踊らせ、これから!というときに絶不調の波。5年前に急性胃腸炎を起こしてから、毎年、秋は体調を崩すのです。

当時は仕事から帰ると貧血で倒れるか、吐くか、下すかの3択あるいは複合型で「健康さえあれば、それだけで良い」と思っていたのだけれど、いざ健康を取り戻すと、すっかり忘れてしまうものですね。懐かしい痛みが戻ってきて初めて「もしや、あの古傷が?」と気づいたのでした。そんな訳で、この1ヶ月は過去を癒す巡礼の旅へ出かけておりました。(要は、気合いで仕事と家事をこなし、あとは寝込む毎日)昨晩あたりから回復の兆しが見えてきたので、近くの銭湯でぬくぬくしたあと、久しぶりのキンキンに冷えたビール!最高です。

今年の回復がいつもより早かった理由は、まわりにいてくださる方たちのおかげだなぁ、と柿ピーをポリポリ食べながらしみじみ。家族や友人の存在はもちろんのこと、先日は三樹夫さんのライブがあり、西原さんや真紀さんの愛情たっぷりの音に包まれ、5年前は出会っていなかった音楽教室の素敵な先生や、ユニークな生徒さんたち(それはもう、皆さん個性的なんです!!)に助けられたり、今月一番嬉しかったのは、10年以上わたしの演奏会に足を運んでくださっている大好きなMさんが、バイオリンを習いたいと仰ってくださったこと。こんな素晴らしい人たちに囲まれているのなら、なんだか来年は元氣に秋を乗り越えられるような予感がします。わたしの予感的中率は高いので、多分大丈夫なのでしょう。ありがたや。

そうそう、先日、近くのカフェ閉店セールで、デロンギのエスプレッソマシーンと食器を購入しました。エスプレッソというのはドリップよりも胃に優しいのですね。実際、胃痛にならないので、ここ数日は美味しく頂いております。

こちらの食器の総額は、なんと3600円!大切に使わせて頂きます♡

コップたちを食器棚に納めて、コーヒー関係のものはエスプレッソマシーンと共にパソコン横の棚に設置。

スイス生まれのこの子たちが可愛くて!エスプレッソはもちろんのこと、ハーブティや中国茶も、ふわっと香りが立ち昇り、一層美味しく感じられます。コロンと手に馴染む感じも、ほっこり。

最近ハマっていたミニマフィン作り。パンを消化する胃力がなかったので、軽井沢で購入したブルーベリージャムを練り込んで、柔らかめに仕上げてます。弓子さんお手製の甘夏ジャムはクルミをたっぷり入れて頂きました。

さてさて、休んでいた間に、たまりにたまった楽譜作りやアレンジもどきに追われる日々が始まります。

「どうしよう、助けてヨーヨー!」

「ピヒャー!」

わたしがピンチだと、大丈夫なのー?!と鳴き叫ぶ、心優しい乙女文鳥に励まされつつ、かーちゃん、がんばるぜ。

遅ればせながら、先日のライブにお越しくださった皆様、どうもありがとうございました!またお会い出来るのを楽しみにしております。

OTHER SNAPS