LOG IN

紋切りあそび

生徒の双子ちゃん姉妹が、自作の漫画を貸し出してくれました。 Yちゃんは20ページに及ぶ超大作「さがせストーン」Sちゃんは「ねずみのねむちゃん」シリーズ全4作と短編集「地獄のレストラン」 ページをめくると登場人物が詳細に描かれていて、どちらも起承転結ありの大変面白い作品です。 素晴らしいアートに感化され 「来週は、わたしも何か作ってこようかな」

趣味

趣味といえば、掃除と家の中を整えることぐらいしか思いつきませんが、スクラップブック作りは、ここ10年ほど地味に続いている小さな楽しみのひとつです。雑誌やチラシから好みの画像を切り取った夢ノートは、その時に感じたワクワクがギュッと詰まっていて癒されます。 過去のノートを見返すと、意外に理想のモノや生活を具現化していたりして、なかなか興味

泣きたい

所用で久しぶりに原宿へ訪れると、いつの間にか駅舎が新しくなっておりました。木造の可愛らしい旧駅舎は解体が決まっているようで、少し寂しく感じます。 中央線の国立駅が特徴のない四角い駅舎へ変わったときも、なかなかの衝撃だったけれど…なんと今年の4月、13年ぶりにあの赤い三角屋根が復活したとのこと。いつかまた訪れる機会があれば良いなと思います

変容

この春に生まれた雀ちゃんたちは、皆一様におっとりしていると感じるのは、わたしだけでしょうか。もしかしたら例年に比べて、人に怯える機会が少なかったのかもしれないと想像します。このまますくすく育っていって、人間に対する信頼感のようなものを、子どもたちへ受け継いでくれたら良いのになぁと、蔵の入り口で井戸端会議を繰り広げるチュンズを前に思

お寝坊さん

梅雨に備えて和室の襖を取り払い、風通しの良い竹のれんを間仕切りにした夏の設えに整えました。限られたスペースの長屋住まいでは、季節ごとにしっくりくる家具の配置というものがあり、またそこに見合う小物の定位置もある中で、毎夏悩むのが団扇の所在。 気に入って購入した団扇はそこそこの大きさがあって、周りとのバランスに困った挙句、和箪笥の上へ置